アクセス解析の結果2007-04-21

Google Analyticsを使ってアクセス解析をしています。今週の結果を見るとモンスターハンターポータブル2nd(以下MHP2nd)の注目の高さが顕著です。

まず、アクセス数の多いエントリ10位以内に、MHP2ndのエントリが8つも入っていました。ちなみに1位はガノトトス亜種についてのエントリでした。2位のバルサモスに対して約1.5倍の大差がついています。もしかしてみなさんも苦労されている? > ガノトトス亜種

このページに到達してきた検索キーワードは、10位以内はすべてMHP2nd関連でした。少し前までは、SA702iとBRC-AP04が上位を争っていたのですが、それぞれ17位と15位まで落ちてしまいました。

おかげでアクセス数全体も底上げされています。非常に広い範囲の情報がまとまった(それこそ攻略本不要なほどの)サイトもあるなか、このような場末のブログのアクセス数までのばすほどのMHP2ndの人気が伺えます。

アクセス数の6位には、意外にも北海道ドライブ:準備編がランクインしてました。ゴールデンウィークが近いので、北海道への旅行を計画している人が見に来てくれたのかも知れません。慌てて続きのエントリを一つ書きました。と言っても、まだ北海道に到達してないのですが。

各種マニュアルの日本語訳を載せているページもアクセス解析しています。アクセス数はこのブログよりも圧倒的に多い(約10倍)です。アクセス傾向に顕著な違いがあり、ブログのリピータ率が約15%なのに対して、約40%のアクセスがリピータです。直接やってこられる方も約1割います。マニュアルなのでブックマーク(お気に入り)に入れてもらってるのかもしれません。

ちなみにアクセス数が一番多いのはPostGISのマニュアルで、Google Maps APIとRuby on Railsのマニュアルはほぼ同じくらいでしょうか。

ためしに「PostGIS」で日本語のページをGoogleると、なんとトップに表示されていました。いろんなところからリンクしていただいているようで恐縮です。ずいぶん古いバージョンの上、酷い訳が随所にあり、かなり恥ずかしいです。

それなりの需要があるのなら、酷い訳を直したり、どうせなら最新のマニュアルに合わせたりしたいところですが、そこまで必要とされているのかどうか……。

MHP2ndが一段落して、需要があるようなら考えてみます。

コメント

_ Log In My Pof Account ― 2015-10-18 13:16:50

Wow, that's what I was searching for, what a data! present here at this weblog, thanks admin of this web page.

_ top selling quest bar flavors ― 2015-10-18 22:31:50

Pretty section of content. I just stumbled upon your site and in accession capital to assert that I acquire in fact enjoyed account your blog posts. Any way I'll be subscribing to your feeds and even I achievement you access consistently quickly.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hiroro.asablo.jp/blog/2007/04/21/1457013/tb

_ Ruby(ルビー) Rubyニュース - 2007-04-28 01:35:01

RubyRuby(ルビー)は、まつもとゆきひろ(通称Matz)により開発されたオブジェクト指向スクリプト言語であり、従来Perlなどのスクリプト言語が用いられてきた領域でのオブジェクト指向プログラミングを実現する。Rubyは当初1993年2月24日に生まれ、1995年12月にfj上で発表された。名称のRubyは、プログラミング言語Perlが6月の誕生石であるPearl(真珠)とほぼ同じ発音をすることから、まつもと氏の同僚の誕生石(7月)のルビーを取って名付けられた。Rubyはクラス定義、ガベージコレクション、強力な正規表現処理、マルチスレッド、例外処理、イテレータ・クロージャ、Mixin、演算子オーバーロードなどの機能を持つ。Perlの代替となることができることが初期の段階から重視されている。Perlと同様にグルー言語としての使い方が可能で、Cプログラムやライブラリを呼び出す拡張モジュールを組み込むことができる。Ruby処理系はインタプリタとして実装されている(実験的にはJIT方式による実行時コンパイルも試みられている)。Rubyの構文は、ALGOL系を継承しながら、可読性を重視している。Rubyにおいては整数や文字列なども含めデータ型はすべてがオブジェクトであり、純粋なオブジェクト指向言語といえる。Rubyはフリーソフトウェアとして(GPLあるいはArtisticに似た独自ライセンス)で配布されている。