[DARK SOULS] よく使う装備(2周目終了直前)2012-02-04

2周目もあとはラスボスを残すだけとなりました。しばらくARMORED CORE Vに浮気する予定なので、忘れてもいいように良く使う装備をメモしておきます。(自分用メモその3)

ステータスは、持久力と技量が40で残りはどれも中途半端な器用貧乏です。


方針

両手に持つのはだいたい以下のパターンです。

  • メイン武器
  • 魔法触媒
  • 遠距離武器

この中で一番重くて重さの幅が大きいのはメイン武器になります。したがって、使う武器に応じた装備を考えることにしました。残りの両手装備で私が良く使うなかでは、

  • 盾は「大鷲の盾」と「黒騎士の盾」がもっとも重く、重さは6.0です。
  • 魔法触媒でもっとも重いのは「イザリスの杖」の2.0になります。
  • 遠距離武器は「ファリスの黒弓」ほぼ一択なので、重さは1.0です。

となり、合計は9になります。ローリング速度を考慮して装備重量を最大値の1/2に抑えるとすると、持久力40の場合は重量を40以下にする必要があります。ここから、盾、魔法触媒、遠距離武器の重さを引いた31までで、メイン武器と防具をそろえることを基本方針にしています。


武器と防具の組合せ

よく使う組みあわせは以下の通りです。アイテム名の後の()内は重量です。

汎用

  • 武器:クレイモア(6.0)/フランベルジェ(6.0)
  • 頭:鋼鉄の兜(5.4)
  • 胴:上級騎士の鎧(11.7)
  • 腕:上級騎士の手甲(3.7)
  • 足:紅の腰巻き(3.5)

総重量:30.3

主にエリアの攻略時に使っていた装備です。強靭も35あるので、大型武器でなければ、それなりに耐えられます。

アルトリウスの大剣運用

  • 武器:アルトリウスの剣(10.0)/物干し竿(8.0)
  • 頭:上級騎士の兜(4.5)
  • 胴:太陽印の鎧(9.0)
  • 腕:上級騎士の手甲(3.7)
  • 足:紅の腰巻き(3.5)

総重量:30.7/28.7

主に地下墓地や小ロンド遺跡の攻略でつかった装備です。原盤マラソンもこの装備です。振りがそこそこ早くてリーチのある物干し竿も使えるで、第2の汎用装備になりつつあります。強靭は30なので、中型武器でも両手攻撃を受けると危ないですが。

ムラクモ運用

  • 武器:ムラクモ(12.0)
  • 頭:鋼鉄の兜(5.4)
  • 胴:チェインアーマー(6.0)
  • 腕:上級騎士の手甲(3.7)
  • 足:紅の腰巻き(3.5)

総重量:30.6

2周目も後半になると、雷のクレイモア+5でも圧倒的な火力ではなくなります。少しでも火力が欲しいときに、技量の高さが生きるムラクモ使っています。強靭は25で、中型武器の片手攻撃なら何とか耐えれれるレベルです。

ムラクモ運用(その2)

  • 武器:ムラクモ(12.0)
  • 頭:鋼鉄の兜(5.4)
  • 胴:上級騎士の鎧(11.7)
  • 腕:スモウ手甲(10.4)
  • 足:ハベルの足甲(11.5)

総重量:51.0

防御力と攻撃の両方が必要な場合に、ハベルの指輪を使って最大装備重量を引き上げて使う装備です。強靭が78あり、特大剣でも何とかなります。3周目以降、出番が増えそうな予感がします……。

耐毒装備

  • 武器:ムラクモ(12.0)
  • 頭:黒金糸のフード(1.4)
  • 胴:黒金糸のローブ(3.5)
  • 腕:ボロ布のマンシェット(1.6)
  • 足:黒金糸のスカート(3.0)

総重量:21.5

病み村攻略用装備です。特に毒沼で活躍しました。錆びた腕輪と併用すれば、たいてい毒状態にならずに陸地にたどり着けます。

耐炎装備

  • 武器:クレイモア(6.0)/フランベルジェ(6.0)
  • 頭:ボロ布のフード(1.1)
  • 胴:ボロ布のローブ(2.7)
  • 腕:スモウ手甲(10.4)
  • 足:スモウの足甲(10.4)

総重量:30.6

対クラーグ用、対炎の司祭デーモン用装備です。ボス攻略特化装備のため見た目には目をつぶっています(その1)。

耐魔法装備

  • 武器:フランベルジェ(6.0)/ムラクモ(12.0)
  • 頭:ビッグハット(3.0)
  • 胴:うす汚れた上衣(3.0)
  • 腕:スモウ手甲(10.4)
  • 足:聖女のスカート(2.5)

総重量:24.9/30.9

対月光蝶用、対シース用装備です。ボス攻略特化装備のため見た目には目をつぶっています(その2)。四人の公王もこれで行きましたが、削りダメージなどの低減に効果があったかは不明です。

耐雷装備

  • 武器:クレイモア(6.0)/フランベルジェ(6.0)
  • 頭:放浪のフード(1.4)
  • 胴:うす汚れた上衣(3.0)
  • 腕:スモウ手甲(10.4)
  • 足:スモウの足甲(10.4)

総重量:31.2

対オーンスタイン・スモウ用装備です。最大装備重量の1/2を0.2超えてしまうので、魔法触媒を「ウーラシールの白枝」か「呪術の火」にする必要があります。

[DARK SOULS] 人間性マラソンメモ2012-01-22

原版マラソンメモと同様の自分用メモその2です。


場所

最下層(天井にスライムが多数いる通路の先のかがり火からスタート)

装備

武器

何でもかまいませんが、攻撃範囲が広くダメージが大きいものがあると便利です。私は「炎のフランベルジェ」を使っています。

盾も何でも大丈夫ですが、毒をカットする「蜘蛛の盾」や毒の耐性もあがる「血の盾」あたりがお勧めです。

魔法/アイテム

帰還用に奇跡「家路」かアイテムの「帰還の骨片」を用意します。ソウルが必要なければ自殺でもいいのですが、 自殺しにくい場所なのであまりお勧めできません。

指輪

「貪欲な金の蛇の指輪」はもちろん固定で、もうひとつは「静かに眠る竜印の指輪」を装備しています。もうひとつは「毒咬みの指輪」で毒耐性を上げたり、「狼の指輪」で強靭を上げてもよいと思います。


立ち回り

対犬ねずみ

炎のフランベルジェだと、ノーロックで適当に振り回せば複数まとめて倒すことができます。うまく位置と向きを調整できれば「無双」状態を楽しめます。ただ、正面付近の低い相手に当たりにくい間合いがあるので注意が必要です。連続で振れば、2回目は1回目と剣の軌道が変わるので、1回目で当たらなかった相手にも当たります。なのでできるだけ2回以上セットで振るようにしています。

時々攻撃を受けることがありますが、ガードして攻撃を弾いてから反撃すれば問題なく倒せます。毒状態になっても、落ち着いて相手を倒してから帰還すれば大丈夫です。


ルート

  1. 篝火を出て細い通路を出て右へ進みます。細い通路の先にいる松明亡者は、「静かに眠る竜印の指輪」を着けているとスルーすることができます。ただ、右折の際に膨らむと気づかれてしまうこともあるため、私は細い通路をダッシュしてそのままダッシュ攻撃を仕掛けて倒しています。
  2. 突き当りを右奥へ進んで犬ねずみx5を倒します。うまくいくと最大4体を同時に倒せました。
  3. 戻って突き当たりを今度は左へ進みます。通路が左に折れているところの箱に犬ねずみが隠れています。通路の右側を進み、箱の手前でダッシュをやめて近づけば、箱から出てきたところを後ろから攻撃できます。
  4. 通路を左に折れると、犬ねずみが後ずさりして下の段に降りますので、そのまま後を追いかけて落下攻撃で倒します。
  5. 下の段はすぐ先で左に折れて行き止まりになっています。そこに犬ねずみx3(落下攻撃が当たらなかった場合はx4)がいますので倒します。

以上で人間性マラソンの1セット終了です。慣れてくると1セット1分弱で回れます。

この先にもまだ犬ねずみはいるのですが、時間がかかりそうなのでここまでにしています。もしかしたら、もう少し先まで行ったほうが効率がよいかもしれません。

このルートでの人間性のドロップ率は感覚的に1割前後といったところでしょうか?一つもドロップしないセットもちょくちょくあります。

人間性の収集ポイントとしては、巨人墓場の水溜りもあります。あちらは幼生スケルトンが無限に出現するので、延々と狩り続けることができます。ただ、転送可能な篝火から遠いのと、道中の敵が手ごわいので、こちらの方が気軽に利用しやすいと思います。

[DARK SOULS] 弓の射撃方法2012-01-04

2周目もアノール・ロンドを終って、本当にいまさらですが、弓を撃つときR1を押しっぱなしにすると引いた状態を保持されることに気が付きました。ボタンを離すと矢が放たれます。「ボタンを押す=弓を引く」、「ボタンを離す=矢を放つ」という動作になります。

離すとすぐに矢を放ちますので、任意のタイミングで攻撃しやすくなりました。

物陰で弓を引いておいて、飛び出してすぐに放つ!…のは無理でした。移動すると引いておいた状態はキャンセルされ、また最初から引き直しになります。残念。

[DARK SOULS] 原盤マラソンメモ2011-12-25

【2012/1/22 一部改良しました】

すぐに忘れると思うので、自分のためにも原盤マラソンのコツ等を残しておきます。


場所

小ロンド遺跡(火継ぎの祭祀場からスタート)


装備

武器/盾

武器は前半と後半で使い分けています。

前半は「一時の呪い」を使わずに亡霊の相手ができる呪われている方の「アルトリウスの大剣」を使います。後半は1回のバックスタブでダークレイスを倒せる武器であれば何でもかまいません。わたしは神聖属性の方の「アルトリウスの大剣」を使っています。

武器を持ち変えるのが面倒であれば、「一時の呪い」と攻撃力の高い武器だけでもかまいません。ただし、亡霊は2、3体しか倒さないので、この場合は周回を重ねると「一時の呪い」が足りなくなるかも知れません。

盾はダークレイスの連続攻撃を受けきれるように、受け能力値が高いものを装備します。私は「大鷲の盾」を使っています。

魔法

マラソンで共通ですが、帰還用に奇跡「家路」を覚えておきます。アイテムの「帰還の骨片」でも代用できます。ソウルが必要なければ、自殺してもかまいません。

指輪

一つは「貪欲な金の蛇の指輪」で固定です。もう一つは前半と後半で使い分けています。

前半は、呪われている方のアルトリウスの大剣でダークレイスをバックスタブ1回で倒せるように「スズメバチの指輪」を装備しています。

後半は後ろ向きに立っているダークレイスを安全に奇襲するために「静かに眠る竜印の指輪」を装備しています。

呪われている方の「アルトリウスの大剣」でも1回のバックスタブでダークレイスを倒せれば、「静かに眠る竜印の指輪」をつけっぱなしでもかまいません。


立ち回り

対ダークレイス

ガードしながら反時計回りに回り込み、攻撃後の隙にバックスタブを狙います。連続攻撃では、意外と横の方まで当たり判定があるので、回り込んでいても油断せずに最後までガードを解かない方が安全です。バックスタブ1回で倒せない場合は、立ち上がりに攻撃を重ねると安全に止めをさせます。

遠距離から走ってくる場合は、隙の大きな突き攻撃をしてくる可能性が高いです。斜め前に進んで軸をずらすようにして間合いを詰めると、かんたんに背後を取ることができます。

対亡霊

すべてスルーできなくもないのですが、倒した方が安定します。

「一時の呪い」を使わないと盾でガードできないので、アルトリウスの大剣の両手持ちで対処します。能力値にもよりますが、2周目でも一撃で倒すことができます。

「アルトリウスの大剣」とリーチはほぼ互角で、攻撃の速さはこちらのほうが早いです。なので、慣れていなくて間合いがよくわからない場合は、相手の攻撃モーションが見えてからすぐに攻撃すれば、安定して倒せます(よっぽど遅れなければですが)。


ルート

  1. 火継ぎの祭祀場からエレベータで下って小ロンド遺跡へ向かいます。2回目以降は、エレベータに乗ってる間に武器や指輪を変更すると、時間を無駄にせずにすみます。
  2. エレベータを上に戻しておけば次回待たずに乗ることができますので、下に付いたらスイッチが戻るまで少し待ち、スイッチを押してからエレベータを降ります。
  3. 橋を渡ると亡霊x2がやってくるので、大きく右に迂回しながら走り抜けます。中途半端な迂回だと、攻撃パターンによっては横から斬られます。
  4. そのまま右奥に向かい、死体のある辺りの少し奥(左側の崖が崩れている辺り)から下の水溜りに飛び降ります。この時、一度塀の上に降りてから降りると、落下ダメージを軽減できます。
  5. 降りてから右の方へ塀に沿って水溜りを進むと、正面の階段からダークレイスx1が降りてくるので倒します。
  6. ダークレイスが降りてきた階段の正面にある隠し扉の先に、ダークレイスx1がいます。隠し扉の向うは細い一本道なので、手前の広場まで誘い出して倒します。一本道を1/3くらい進むとこちらに向かってきますので、無理に突っ込まず落ち着いて後退します。ロックオンは広場にもどってからするようにしています。
  7. 広場の上り階段の先の建物にはダークレイスx2と亡霊x3がいます。建物の中で戦うと袋叩きにあうので、広場に誘い出します。 まず、階段を登って建物には入らず、階段の右脇で待機します。すると亡霊が1~3体出てきますので倒します。とりあえず1体倒せばダークレイスの誘い出しを邪魔されることはありません。
  8. 建物に入ってすぐに引き返し、手前のダークレイスを誘い出します。本当に少しだけでOKで、少し奥に入ってしまうともう一体も一緒に来てしまうことがあります。感覚的には入り口の左端から入って右端から出るような感じです。
  9. 奥のダークレイスは、建物に入って1本目の柱の辺りで引き返せば、安定して誘い出せます。
  10. 建物内のダークレイスx2を倒したら建物の右奥へ進み、宝箱付近で待機します。左奥の出入り口付近を向いて少し待つ、亡霊が出てきますので倒します。建物の入り口で亡霊を2~3体倒している場合は出てこないことがありますので、しばらく待って出てこなければ無視して進みます。
  11. 建物を出ると深遠に続く塔への細い橋がありますが、それは渡らずに右へ進むと、右の建物の影からダークレイスが現れますので倒します。
  12. ここから先は後ろを向いているダークレイスが配置されているので、「スズメバチの指輪」を「静かに眠る竜印の指輪」に変更します。また、もう亡霊と戦うことはないので、後半用の武器(私の場合は神聖属性の「アルトリウスの大剣」)に変更します。
  13. 深遠に続く塔に向かって左側に崩れているところがあります。そこから建物の壁に沿って下に降りれば、落下ダメージなしで崩れた土砂の上に降りられます。すぐ近くに後ろ向きのダークレイスがいるので、バックスタブで倒します。少し斜めを向いていますが、壁に沿って近づけば気づかれずに背後に回れます。
  14. 階段を上って井戸の脇から水溜りに戻り、右側の建物に向かいます。この建物には3体のダークレイスがいます。まず、入って右側へ進み、後ろを向いているダークレイスをバックスタブで倒します。
  15. 入って左側には手前左側と奥右側の個室に1体ずつ、計2体のダークレイスがいますので、1体ずつ広いところまで誘い出して倒します。
  16. 入り口の正面の出口(通常攻略時の入り口)には、ダークレイスが後ろを向いて立っているので、バックスタブで倒します。
  17. そのまま道なりに木造の建物内を進み(通常攻略ルートを逆走するかたちになります)、建物から出たところの下り階段の下にダークレイスがいます。ここも後ろ向きに立っていますので、バックスタブで倒します。若干斜めを向いているので、左側に膨らむと接近前に気付かれることがあります。雑に移動せずに真後ろから接近して倒します。

以上で、原盤マラソンの1セット終了です。奇跡「家路」等を使って火継ぎの祭祀場に戻ります。すぐそこが飛竜の谷なので、竜のウロコマラソンにつなげることもできます。

[DARK SOULS] ベイグラント2011-12-06

マニュアルに「アイテムを捨てると他のプレイヤーの世界に移動することがあります」とあったので、火継ぎの祭祀場の近くのあまり行かない場所に3つほどアイテムを捨ててみました。

ずっと拾われないとニョロニョロみたいな敵に変化して、倒すと別のアイテムになって拾えるらしいのですが、いまだに見たことがありません。

もし、他のプレーヤーの世界でも捨てた場所にそのままのこるのであれば、宝探しのような遊び方もできるかもしれません。

ちょくちょく不要なアイテム(主に原盤マラソンで溜るダークハンド)を捨ててますので、もし見つけたらご一報下さい。もしかしたら私が捨てたものかもしれません。

[DARK SOULS] 武器進化系統図2011-11-05

ダークソウルの武器の進化が複雑で、混乱してきたので図にまとめてみました。

画像をクリックすると大きく表示されます。

[DARK SOULS] 心が折れそうだ…2011-10-04

DARK SOULSをはじめました。前作はプレイしていないのですごく新鮮ですが、私にとっては難易度はかなり高めです。まだまだ序盤ですが、何度も心が折れそうになりました。

北の不死院のデーモン

直剣の柄だけで何度も挑んでことごとく返り討ちにあいました。いい加減あきらめかけたとき、正面以外にも出口があることに気づきました。

教訓:デーモンに気をとられすぎ

城下不死街の黒騎士

攻撃がぜんぜんよけられません。物理ダメージカット率100%のヒーターシールドを商人から買って、ようやく落ち着いて対峙することができるようになりました。1発ガードしたら1発やり返す、スタミナが少なくなったら距離をとってガードを解いて回復を繰り返して、何とか倒しました。

教訓:ガード万歳

城下不死教区の鎧イノシシ

突進はガードできないし、思うようによけられません。ずいぶんやられてからようやく螺旋階段のある塔の中は安全なことに気づきました。弓矢で狙撃しておびき寄せ、帰って行くところを後ろから攻撃して倒しました。

教訓:チキン戦法と呼ばないで

城下不死教区の黒騎士

振り下ろしをガードしてもスタミナ不足で崩されてやられてしまいます。心が折れたので無視して進んでます…。

教訓:I shall return!

城下不司教区の大盾の騎士

やっぱりガードしてもスタミナ不足で、叩き潰されること数度。そのうち篝火のある建物まで追ってきたのですが、なぜか1回攻撃すると気が済むのかすごすご後退していきます。追撃するとまた1回だけ攻撃しに来ますが、攻撃モーションはそれなりに大きく、単発の攻撃をよけることは難しくありませんので、繰り返して倒しました。

教訓:意外と内弁慶?

不死街下層の山羊頭のデーモン

同じ部屋にいる犬が嫌過ぎ。左奥の階段へ逃げ込んで囲まれないように努力はするのですが、そこにいくまでに犬につかまってデーモンに止めを刺されるパターンにはまりました。なんとか階段までたどり着いても、犬にスタミナを削られまくってあわてたところで攻撃されてあえなく死亡。

それでも繰り返してたら、いつの間にか犬を倒せてデーモンとの一騎打ちに持ち込むことができました。階段を使って鬼ごっこに持ち込み、先に飛び降りて後から下りてきたデーモンの着地の隙に攻撃を繰り返して倒しました。

教訓:犬嫌い

最下層の呪いガエル

最下層の探索中に穴に落ちたところを呪いガエルに囲まれ、あえなく呪死状態に。教会までなんとか戻って解呪石を買って呪いを解きました。が、また足を滑らせて転落、呪死状態になったときはマジでやめようかと思いました。

このあと何回呪死になるかわからなかったので、呪死のまま探索を続けました。巨大ネズミを倒して呪いガエルの階層の探索を終え、ショートカットを確立したところで、もう一回解呪石を買って呪いを解きました。

教訓:足元注意

最下層の貪食ドラゴン

最初はソラールとロートレクを引き連れて挑みました。首尾よく尻尾を切断したところまではよかったのですが、半分くらい体力を削ったところで二人が相次いで離脱。一人になって集中して狙われると、攻撃のチャンスがつかめません。そのうち、飛び上がったあとの落下に踏まれて死亡。

2回目以降は何回死ぬかわからなかったので、亡者のまま一人で挑みましたが、やっぱり落下に踏まれて一撃死を繰り返すはめに。

逃げ回っているうちに、遠く離れると胴体の口で覆いかぶさった後に突進しかしないことに気が付きました。動き続けて突進をよけたら追いかけて、止まったところを後ろ足を3回切りつけて離脱をひたすら繰り返して倒しました。

教訓:自分の血痕が瓦礫に埋もれて消えた気がするのは気のせい?

現在

病み村の羽虫&毒沼で心が折れそうです……。