[TS-119] QNAP TS-119 Turbo NAS (トラブル編)2011-07-02

ファイル共有の速度が遅くなってる気がしたので、管理画面を開こうとしたら開きませんでした。しょうがないので、電源ボタンを長押ししてshutdownしようとしたのですが、長押ししすぎて強制終了させてしまいました。結果、起動しなくなってしまいました。ちゃんと何秒でshutdownになるか確認すべきでした……。

幸い外付HDDにバックアップしてありますので、失われたデータはありません。

QNAP Finderには表示されるので、最初から構築することにしました。HDDを外した状態で電源を入れ、QNAP Finderから初期化を行って領域確保からやり直してみました。

……やたらとフォーマットに時間がかかります。最初にセットアップしたときより明らかに遅く、3日くらいかかってようやく終りました。が、これでも起動しません。どうやらHDDが逝ってしまったようです。

しかたがないのでHDDを交換することにしました。せっかくなので容量単価もリーズナブルになったWD30EZRXにしようと、最新のサポートHDDリストを確認すると、載ってません(ついでに今まで使ってたWD20EARSも「非推奨」になってました)。どうしようかとさらに調べてみたら、別モデルですがWD30EZRXの動作報告がありましたので、WD30EZRXにしました。

BestDo!の方が微妙に安かったのですが、数十円の差だったのでクレジットカードが使えるPC1'sで他の小物と一緒に購入しました。バックアップ用も含めて2台購入。以前のWD20EARSはRMA非対応でしたが、今度のWD30EZRXはRMA対応でした。

購入時にやたらと念を押された(ブートドライブにするには~、データドライブとして使う場合も~)ので、もしかしたら問合せやトラブルが多いのかも知れません。

そんなトラブルの予感とは裏腹に、TS-119ではあっさりと全領域認識されてセットアップ完了。保存してあった設定ファイルをロードして、バックアップドライブからrsyncでコピーして復元完了です。1.2Tくらいあったので、rsyncは1日強かかりましたが。

復元が終ったら、バックアップドライブもWD30EZRXに入れ替えて、HDD換装完了です。初回バックアップはまた1日強かかりますが、たぶん問題ないでしょう。

ちなみに、バックアップドライブとして使っていたWD20EARSは、REGZA 37Z2の録画用ドライブに転用しました。こちらもあっさり全領域認識されて、録画も無事できています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hiroro.asablo.jp/blog/2011/07/02/5939806/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。