アクセス状況2008-01-12

久しぶりにGoogle Analyticsを見てみたら、長らくアクセス数トップを誇っていたモンスターハンターポータブル2ndの記事が陥落してました。

トップに踊り出たのは、OpenOfficeで年賀状を書いた記事でした。昨年の12/24に集中的にアクセスされてトップになりました。新年の1週間くらい前に年賀状を書く人が多いことと、改めて実感しました。季節ものの記事なので、しばらくしたら下位ランクに沈んでいくでしょう。

カスタマイズした住所録と縦書き印刷用テンプレートを公開しようかと思いましたが、このブログは画像以外のファイルがアップロード出来ないので断念しました。

2位はGW-US54Mini2の設定の記事でした。MHP2nd関連と言えなくもない? やはり設定に困っている人が多いのでしょうか。ちなみに私も切り替えが面倒なので、GW-US54GXSはXlink-Kai(アドホックモード)専用で使ってます。アクセスポイントにはBRC-AP04を使ってます。

3位以下にはMHP2nd関連の記事がずらっと並びます。Gが発売されるまでは、こんな感じが続くのではないでしょうか。

ATA133-PCI22008-01-14

以前PromiseのUltra100Tx2に阻まれて断念したWindows XP x64 Editionのインストールに再挑戦しました。切り札は表題のATA133-PCI2(玄人志向)です。このカードに使われているITEのIT8212のx64用ドライバがチップメーカのサイトで公開されていることがわかり、昨年購入しておきました。タイミングをはかっているうちに年を越してしまいましたが、年賀状の返しも一段落したこの年休に再挑戦してみました。

Windowsをインストールしてサービスパックやパッチを当てたら、いよいよATA13-PCI2のインストールです。PCIに挿してPCを起動します。何があるかわからないので、この時点ではまだHDDは接続しません。

あらかじめダウンロードしておいたIT8212用ドライバをインストールしてPCを再起動します。が、デバイスマネージャから「!」マークが消えません……。

調べていくと、IT8212はどうもRAIDコントローラのチップのようです。ですが、ATA133-PCI2は通常のATAコントローラのボードです。訳がわからなくなりながらもさらに調べていくと、BIOSのアップロードでATAコントローラのIT8211がRAIDコントローラのIT8212になるというページを発見しました。どうやらIT8211とIT8212は同じチップでBIOSによって区別されるだけで、ものはおなじようです。

チップのシルク印刷や起動時のBIOSでの表示では、IT8212と出てますがIT8211用のドライバをインストールしてみることにしました。で、ドライバを探したのですが、以前あったページが変わってました。ドメインの所有権が別の会社に移ってしまったようです。あせりつつさらに探すと、.twのドメインのITEのページを見つけました。英語表示に切り替えても、ダウンロードのページでは中国語に戻ってしまうのに戸惑いつつもなんとかダウンロードしました。参考までにリンクを張っておきます(すぐに切れてしまうかもしれませんが)。

IT8211AF v1.7.2.9.zip

WindowsからもIT8212で認識しているらしく、インストールしようとすると「ドライバは互換性がない」とか脅し文句が表示されますがかまわずインストールして再起動。デバイスマネージャで確認すると、今度は「!」マークが消えてました。電源を落としてHDDを接続してPCを立ち上げると、きちんと認識しました。

きちんと確認したわけではありませんが、各ポートに2台(Master/Slave)ずつ計4台すべて認識しているようです。これで晴れてXP x64に移行できそうです。

【追記】

リンク先がオンボード用のドライバになっていたので、PCIボード用のドライバに修正しました。